純アメリカ産のマウンテンバイクブランド「キャノンデール」:自転車ならマウンテンバイクだね♪ 車種やパーツの選び方

純アメリカ産のマウンテンバイクブランド「キャノンデール」

アメリカ発祥のマウンテンバイクだが,今マウンテンバイクがどこで作られているか知っているか?
なんと,現在はその殆どが中国・台湾・インドネシアなどのアジア諸国なんだ.
確かにコスト面などを考えるとアジアの工場で製造したほうがいいんだろうね.

そんな中,現在でもアメリカで生産されているブランドがある.
それが「Cannondale(キャノンデール)」と呼ばれるブランドだ.

アメリカで生産・・・かといって,実はキャノンデールは別にアメリカ製にこだわっているというわけではない.
あくまでも自社生産ということにこだわっているんだ.

このキャノンデール,なんと生産している工場は世界にたった1か所だけ.
ペンシルバニア州・ベッドフォードのキャノンデール専用工場でのみでしか生産されてないんだ.
真っ赤な色のM300から,プロライダーが乗りまわすバイクまでが全て1つの工場から生まれているのだからすごい話だね.

それ故,独自社内基準を設けることにより,品質のよさをハイレベルで継続して生産し続けられるんだね.
だから,他のブランドが中国や台湾のライセンス生産によって割安感を演出しているのとはわけが違うんだ.

よく考えてみると,他ブランドの同価格帯のものに比べると,パーツのグレードは少し下がっている.
なので割高な感じは否めませんが,フレームがよいバイクはハズレはない.

キャノンデールは,このような若干割高な感覚を差し引いてもお釣りがくるほどの独自性を持っている.
街中やダートといったあらゆる場面で「僕はキャノンデールのマウンテンバイクに乗っているんだ」と思えますし,周囲の人に,ある“輝き”みたいな存在感を表現できるブランドなんだ.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/143