生産拠点が米から台湾に マウンテンバイクブランド「ジャイアント」:自転車ならマウンテンバイクだね♪ 車種やパーツの選び方

生産拠点が米から台湾に マウンテンバイクブランド「ジャイアント」

日本語でいうと「巨大機械工業」を意味するジャイアントというマウンテンバイクブランドをご存知だろうか.
元々はアメリカの企業だったが,生産拠点を台湾に移したことで,生産コストを下げることに成功し,今や世界一の規模の自転車ブランドに成長を遂げている.
今現在世界一資金面で潤っているブランドともいえるね.
このブランドのすごいところは,その豊富な資金力をレース活動にも活用しているところだろう.
マウンテンバイクはもちろんのこと,ロードレースにおいても一流チームを保持しており,毎年のようにワールドカップでプロトタイプを出しているみたいだね.
そんなところは自転車ブランドは数あれどここだけだと思う.

ジャイアントが世界トップブランドにまで上り詰めた要因は前述した,生産コスト軽減のほかに卓越した技術力も挙げられる.
各ブランドのOEMを数多く手がけていることなどからもその技術力の高さは窺い知れるよね.
またパイプの加工に始まり,設計,生産までを全て自社で行っているようだ.
この点もなんだか安心感があって良いよね.

また,トップブランドだから生産台数も半端な数ではない.
なのでコストパフォーマンスに優れ,同じ値段で他社よりもワンランク上のマウンテンバイクが買えてしまうんだよ.

1998年頃からはONCEへの供給を初め,現在はチームT-MOBILEへも供給を行うなど,各種レースでフィードバックされた技術が自社のマウンテンバイクにも十分反映されている点はさすがだね.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/148