1970年代の後半に生まれたマウンテンバイクの歴史:自転車ならマウンテンバイクだね♪ 車種やパーツの選び方

1970年代の後半に生まれたマウンテンバイクの歴史

マウンテンバイクはもう完全に世間に認知されていると思うが,マウンテンバイクはいつ,どこで誕生したのだろうか?
一般的には1970年代の後半に米国カリフォルニア州・サンフランシスコにて,ヒッピーたちが急勾配の山を実用車やビーチクルーザー等で降りてタイムを競った事が始まりと言われている.
カリフォルニアがマウンテンバイクの発祥の地と認識されているのは,マウント・タムで行われていた当時の最大のレースによるところが大きいようだ.

初期のビーチクルーザーは決して完成度は高くないもので,「クランカー(がらくた)」「リパック」とも呼ばれていたそうだ.
それはともかく,その地域の自転車好きの人には新しい自転車遊びとして浸透していった.
そしてこの改造を施したクルーザーだが,急降下にも確実な操作を行えるようと,オートバイ用の制動力の強いドラムブレーキハブを使用したりしたとのことだ.
また,ツーリング用の自転車であるランドナーの変速機やトリプルクランクを装備していたともされている.

やがて,1981年にスペシャライズドが世に送り出した「スタンプジャンパー」がマウンテンバイクを全世界に定着させる大きな役割を果たすこととなった.
初めて量産製造が実現したこのマウンテンバイクは新ジャンルの自転車として瞬く間に全米に広がり,さらに世界中にまで広まることになったのだ.

自転車として果たしたマウンテンバイクの役割は非常に大きいものがある.
発展途上国ではこれまでのロードスタータイプの自転車のタイヤ規格に代わり,マウンテンバイクの規格が普及しつつあり,さらにマウンテンバイク本体自体も浸透しつつあるようだ.
また,先進国では,過去にロードスタータイプの自転車に求められていたことにマウンテンバイクが活用されているのだ.
加えて,技術的な面でもマウンテンバイク競技で得た技術がロードバイクなどに生かされ,自転車競技全体に新たな刺激を与えた要素は多いんだよね.
このようなことから,マウンテンバイクはもはや自転車のワールドスタンダードとなりつつあると言っていいんじゃないだろうか

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/135