山の斜面をマウンテンバイクで高速走行「ダウンヒル」とは:自転車ならマウンテンバイクだね♪ 車種やパーツの選び方

山の斜面をマウンテンバイクで高速走行「ダウンヒル」とは

マウンテンバイク競技のひとつに,ダウンヒルというものがあるのをご存知だろうか.
ダウンヒルは山に作られた斜面をマウンテンバイクで高速に走行する競技で,最も危険かつ激しいジャンルといわれている.

ダウンヒルの上級者ともなると時速100キロ近いスピードで走行することも少なくないそうだ.
自転車で100キロ・・・ちょっと想像もつかないだよね.
ダウンヒルのコースは自転車だからといって土がきっちりと踏み固められたものではないのが特徴だ.
大きな石が転がっている箇所,砂利がびっちり敷かれている箇所など,さまざまな障害がコース内に存在している.
中でも一番危険なのは,「ドロップオフ」という段差だろうか.
段差そのものは1メートルも無いのだが,そこを高速で下りるとなってしまうと非常に危険を伴いますね.
また,上級者のコースにはスピードが出る箇所にもドロップオフが存在する.

そんな想像しただけで怖くなってしまうようなダウンヒルだが,一回ダウンヒルを体験してしまうと病み付きになる方が多いのもまた事実だそうだ.
下り道から降りていく高速度とコーナーのライン取り,路面からの振動など,好きな方にはたまらない要素がつまっているんだろうね.
ただ,走る場所が全体的に危険だので走行時にはフルフェイスのヘルメットや全身を保護するプロテクターなどは必須だね.

ダウンヒルのコースがある場所は,ゴンドラ,または運搬専用車でマウンテンバイクとライダーを山の上まで運んで,ライダーはその地点から一気に山を降る.
基本的にはダウンヒルに上りの概念はなく,カテゴリーとしてはエクストリームスポーツに分けられる.
日本で最も有名なコースとしては「富士見パノラマリゾート」(長野県)がまず挙げられるね.
また,ゴンドラこそ無いだが,ピックアップトラックという乗り物で頂上まで搬送を行う茨城県の高嶺山ダウンヒルワールドなどもある.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/145