「1年もしないうちに壊れてしまった」 マウンテンバイクの折りたたみ機能:自転車ならマウンテンバイクだね♪ 車種やパーツの選び方

「1年もしないうちに壊れてしまった」 マウンテンバイクの折りたたみ機能

「この自転車は道具などを使用しなくても簡単に折りたたむことができ,持ち運びやすく,災害時にも便利だ!」.
こんなキャッチコピーをつい鵜呑みにしていないか?
折りたたみ機能というものはそれほど重要なものだろうか?

実際のところ,折りたためれば便利とだけ考えて安易に折りたたみ式マウンテンバイクを購入するという方が非常に多いと聞きます.
そしていざ購入したところで「折りたたんで玄関に入れることが面倒なので結局外に出しっぱなし」「1年もしないうちに壊れてしまった」と後悔してしまうケースは少なくない.

「折りたたむのがどうにも面倒」と言うのは単に購入者が面倒臭がりなタイプだったりするのかもしれない.
確かにハンドルステムを曲げることに用いる工具が要るアヘッドステムタイプの折りたたみ式マウンテンバイクは,前の車輪を外すことなく折りたたむとハンドルが横幅をとる.
そうは言ってもアヘッドステムを緩めることは乗る際のセッティングがとても面倒になってしまう.

自転車にとって,雨ざらしでの通勤,通学と言う使用法が一番過酷な使い方なのだ.
折りたたみ式だと,分割などが不可能な普通に溶接されたマウンテンバイクよりも強度面において遥に劣る.

また,折りたたみという特別な構造の為,コストも余分にかかり値段も割高になってしまう.
折りたたみ式でなければ,数グレード優れた上級のパーツスペックで軽量かつ耐久性の高いマウンテンバイクが購入できる.

これらを踏まえて,もし折りたたみ式マウンテンバイクの購入を考えている方がいたら,もう一度本当に折りたたみ式である必要があるのかをよく考えてみてはいかがだろうか.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/150